ペコちゃん公園|竜の滑り台・じゃぶじゃぶ池で遊ぼ!バラ園もおすすめ♪

神奈川県秦野市にある「カルチャーパーク(旧秦野運動公園)」の詳細情報と⼝コミレビューをお届けします♪

カルチャーパークは、

  • 新︕ペコちゃん公園(旧中央こども公園)!(竜の滑り台、巨大アスレチック)
  • 夏は水遊び!じゃぶじゃぶ池、せせらぎ水路!
  • バラ園(見頃は5月~6月、10月~11月の年2回)
  • 駐車場無料!

 

周辺の駐車場の中でも約40台と一番小さい駐車場のそばには枝分かれした長いローラースライダーがあります。

ママさんA

少々滑りが悪いので、お尻に敷くヒップソリがあるといいですよ♪

竜をモチーフとしていて、全長50m以上の様々な仕掛けのある大きなアスレチックが連なって出来ています。

 

★平成30年5月から、「中央こども公園」が新しく「ペコちゃん公園はだの」になりました♪

ママさんA

地元のママさんたちには竜のローラースライダーが特徴的なことから「竜の公園」の愛称で親しまれているんですよ♪

ペコちゃん公園やらバラ園やらインスタ映え!?しそうなスポットがいっぱいあるのもカルチャーパークの良いところ♪

 

参考

公式ホームページカルチャーパーク秦野

 

 

カルチャーパークの施設・園内マップ⼀覧・アクセス

おすすめのお⼦様の年齢 1歳から12歳
滞在時間 1⽇中楽しめる
施設利⽤料 無料(プール有料)
駐⾞場 有り(無料)
飲⾷ ⾃販機
トイレ 有り
オムツ替え トイレ内に有り
授乳室 無し
周辺情報 コンビニ有り(徒歩5分)
最寄り駅 小田急秦野駅または渋沢駅から徒歩25分ほど

 

【アクセス】
〒257-0015︓ 神奈川県秦野市平沢148

 

【園内マップ】

(マップ左下の細長いところの「中央こども公園」と書かれているエリアが「ペコちゃん公園」です)

 

「ペコちゃん公園はだの」

繰り返しになりますが、2018年4月まで「中央こども公園」といわれていたエリアが、2018年5月から「ペコちゃん公園はだの」と名称を変え、ペコちゃんキャラクターのいる公園に生まれ変わりました♪

 

【ペコちゃん公園入り口】

まずはペコちゃんがお出迎え♪

フォトスポットですね。

 

 

「ペコちゃん公園はだの」遊具⼀覧

アスレチックの中は迷路のようになっており、網になっている橋や坂、不安定な丸太のつり橋に、小さな抜け道、もちろん普通の橋も滑り台もあります。

★ スタート地点は幼児向けですが、竜の滑り台に向かう付近では小学生向きの難易度になります。

らせん階段を上るとアスレチックを通らずに竜の滑り台を滑ることも出来ます。

 

★日陰にある砂場は、現在使用不可ですがパンツ型ブランコの奥に直径3mほどの砂場があります。

幼児用の小さな滑り台が付いた遊具も1つあります。

 

おすすめの⼦供の年齢


(イメージ)

【1歳〜12歳のお⼦様が特に楽しめる公園】

川沿いにある、ペコちゃん公園には砂場やパンツ型ブランコ、ちびっ子アスレチックなどがあり、幼児が遊ぶ姿が見られます。

小学生くらいになると大胆にもスリルのある鬼ごっこが始まります。

(楽しそうではありますが、小さいお子さん連れだとちょっと危ないですね。)

地面は柔らかなゴム素材となっておりちょっと転んだくらいでは怪我の心配もないでしょう。

土日は混雑するので、お子様から目が離せませんね。

隣にはピクニック広場があり、ボール遊びやラジコン、バトミントンなどをして遊ぶ姿も見られます。

 

【ピクニック広場】

 

【じゃぶじゃぶ池】【せせらぎ水路】で水遊び♪

【じゃぶじゃぶ池】

ママさんA

じゃぶじゃぶ池の地面もゴム素材です。水深は足首ほどと浅く安全に遊ぶことが出来ますよ♪

(利用期間7月1日~9月第1日曜日まで9時~5時)

 

参考

じゃぶじゃぶ池についてカルチャーパーク

 

【せせらぎ水路】

秦野は全国有数の名水百選でも有名で、このせせらぎ水路では地下60mから地下水を汲み上げて利用しており、非常に冷たくて綺麗です。

(じゃぶじゃぶ池には使用されていません。)

夏場の暑い時期になると、周囲に腰かけて足を浸ける姿もよくある光景で、市民の癒しスポットにもなります。

 

【バラ園】はインスタスポット!?

じゃぶじゃぶ池のすぐそばにはバラ園が広がり、無料で見ることが出来ます。

周辺にはバラの良い香りが広がります。

 

 

駐⾞場について

周囲7カ所、約850台もの無料駐車場があります。

【利⽤時間】
午前7時~午後10時

※ペコちゃん公園隣接の駐車場のみ

4月~9月は午前8時30分~午後6時30分

10月~3月は午前8時30分~午後5時30分

【利⽤料⾦】

無料。

ペコちゃん公園、川沿いの駐車場は台数が少なく、土日は混雑します。

少し歩きますが総合体育館、図書館、文化会館の駐車場はイベントがない限り比較的空いているのでおすすめです。

参考

駐車場についてカルチャーパーク秦野

 

⾷事・飲料事情

自動販売機はありますが、公園付近にレストハウスはありません。

コンビニへは徒歩5分程度。

一番近いコンビニへ行くには、間にある川の渡石を渡らなければいけないので、小さいお子さん連れだとちょっと危ないかもしれません。

事前に食べ物や飲み物を準備してから来園した方がいいですね。

テーブルやイスはペコちゃん公園、せせらぎ水路付近に設置されており、あまり数はありません。

ベンチは至る所にあります。

土日の混雑を考えると、レジャーシートを持参したら役立つと思います。

============

周辺のスーパーではレジャー用品を扱っている所も多いので立ち寄ってみるといいかも知れませんね。

 

【スポンサーリンク】

 

9歳娘と7歳息子の竜の公園遊びの⼝コミレビュー

30年前とは見違えるほど様変わりし、最近新しく完成したばかりの公園です。

平日だと、駐車場に困ることはありませんが、土日は混雑を予想して総合体育館前の駐車場に止めるのがお決まりです。

(イベントと重なると非常に混雑する駐車場でもあるので、その場合、図書館横の駐車場へ。)

10時前に駐車し、向かうは竜の滑り台です。

通り際でせせらぎ水路の水に触れてみたり、噴水広場に立ち寄ったり、バラが咲く季節では香りに釣られ、どのバラが一番良い香りか、なんて子供と寄り道することも。

大はしゃぎのまま、走って公園に向かいます。

混雑なんてお構いなし、巨大アスレチックへ乗り込むと自分の通れそうなルートで竜の滑り台まで向かいます。

3m四方の網が難関で、丁度小学生くらいだと靴はハマるし、踏み外すとロープで足を擦って痛いらしい。

 

 

午前中だと、アスレチックの滑り台付近は日陰になるので、快適に遊べます。

 

給水も忘れずに、トイレはキッズトイレハウスがあるので、子供だけで行けますね。

画面左は子供専用トイレ、右は親子トイレになります。

大体2時間ほど駆け回ったところで、お腹空いた、何か食べたいと言い始めます。

昼食を持参している時は、木陰でレジャーシートを敷き昼食を取ります。

持参していない時は、着替えさせて、帰りの支度を始めるか、近くのコンビニまで渡石を渡って行くかですね。

 

季節問わず楽しむことは出来ますが、2~3時間遊んだら大体満足して疲れたから帰ろうか、また遊びに行こうね。

となります。

 

夏の時期だと、じゃぶじゃぶ池、せせらぎ水路で遊ぶことも出来るので、着替えを多めに持参して遊びます。

 

カルチャーパーク内の、どの位置からもちょっとお腹空いたからコンビニへ行くには少々歩くことになりますので飲食物は事前に持参することをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.